弘法の筆謬り

外資系企業で働く戦略コンサルタントのブログです

トークストレートの本当の意味

コンサルティング業界には”Talk Straight”という言葉があります。
トークストレートという言葉をどの様に解釈するかは人それぞれ定義が揺れるところだと思いますが、私なりの定義は、「立場や役職に関係なく、クライアントバリューを高める目的に資する限りは臆することなく発言して良い(発言すべき)」というものです。

従来の通常の企業では、長いものにまかれろだったり、年の功だったりと、若手は会議での発言権すらまったくないような企業は未だに多く存在するいることでしょう。

これに対し、トークストレートは、企業価値の向上といった市場命題に資する限りは、若手だろうがなんだろうが発言すべき。そこに価値があるのであれば立場は問わない、といった従来の企業内コミュニケーションの”あたりまえ”に対するアンチテーゼとして打ち出されたものと私は考えます。

トークストレートが乱用されている

しかし人によってはこのトークストレートを、「何でも思ったこと言って良いよ!」という様な感じに解釈して、パワハラまがいのことを平気で口にしてしまう人も居るようです。以下このトークストレートを本来の意味と区別するために「トークストレート()」と表現します

人の気持を考えずに何でも言って良い、というような性質のコミュニケーションが中長期的に組織にどの様な結果をもたらすかなんていうことは火を見るよりも明らかなのですが、当の本人はそのトークストレート()を金科玉条のごとく振りかざして他人を口撃します。

言わなければ伝わらない、何も変わらないというのはその通りですが、思ったことを思いやりのフィルターを通さずに何でもそのまま発言してしまうのでは、ほとんど小学生と一緒です。

育てるためには時には厳しいことも、トークストレート()で伝えることが必要だ、という主張には一理あります。しかし厳しいフィードバックこそ、それに適した伝え方があります。

人前で厳しく叱責したり、メンツを潰すようなコミュニケーションは、どれだけその指摘が的を射たものであったとして、本人にとってはモチベーションが下がる要因でしかありません。

 

上司と部下のコミュニケーションに限った話でもありません。
クライアント企業とのコミュニケーションだとした場合でも、思ったことをそのまま言うことが本当に最善の結果を生むかどうかということについては首を捻らざるを得ません。

その道数十年、叩き上げで仕事を回してきた事業部長に対し、外のどこの馬の骨とも分からないような若造コンサルタントが、トークストレート()に企業戦略について論じようものならたちまち怒りを買うだけです。

コンサルタントが如何に価値の有ることを言っていたとしても、相手に受け入れてもらい企業が動かなければ、企業価値の向上に資することなど決して叶いません。

 

本来のトークストレートには、コミュニケーションをサボって良いという意図は含まれていないはずです。トークストレートの本当の意味を思い出し、乱用しないように気をつけたいところです。